Home Daily life micro:bit(マイクロビット)でピンポンゲームを作る

micro:bit(マイクロビット)でピンポンゲームを作る

by あんる
Published: Last Updated on

今回作るピンポンゲーム

必要なもの

micro:bitだけあれば動作します。スピーカーなど特別なものは必要ありません。

「最初だけ」のプログラム

ボールの位置、ボールのひとつ前の位置、ボールの進行方向、バーの位置を初期化しています。

「最初だけ」のプログラム

「ボタンAを押したとき」のプログラム

「ボタンAを押したとき」の動作として、下記を行っています。

  • バーを左に動かすための処理
  • バーとボールの位置を確認してボールを弾き返せる場合はボールの進行方向を逆にする処理
「ボタンAを押したとき」のプログラム

「ボタンBを押したとき」のプログラム

「ボタンBを押したとき」の動作として、下記を行っています。

  • バーを右に動かすための処理
  • バーとボールの位置を確認してボールを弾き返せる場合はボールの進行方向を逆にする処理
「ボタンBを押したとき」のプログラム

「ずっと」のプログラム

ボールの動作と表示の処理を行っています。
ボールの動作は、Ball()関数で行っています。

  • ボールが左右の端まで進んだ場合に、進行方向を逆にする処理
  • ボールが上下の端まで進んだ場合に、進行方向を逆にする処理
  • バーとボールの位置を確認してボールを弾き返せる場合はボールの進行方向を逆にする処理
「ずっと」のプログラム

ソースコード

Javascript画面に張り付けるだけで動作します。

let ball_direction_x = 0
let ball_direction_y = 0
let bar_x = 0
let ball_old_y = 0
let ball_y = 0
let ball_old_x = 0
let ball_x = 0
function ball() {
    ball_old_x = ball_x
    ball_old_y = ball_y
    ball_x += ball_direction_x
    ball_y += ball_direction_y
    if (ball_x == 4) {
        ball_direction_x = -1
    } else if (ball_x == 0) {
        ball_direction_x = 1
    }
    if (ball_y == 3) {
        if (ball_x == bar_x) {
            ball_direction_y = -1
        }
    } else if (ball_y == 0) {
        ball_direction_y = 1
    }
}
input.onButtonPressed(Button.A, function () {
    if (bar_x != 0) {
        led.unplot(bar_x, 4)
        bar_x += -1
        led.plot(bar_x, 4)
    }
    if (ball_x == bar_x && ball_y == 3) {
        ball_direction_y = -1
    }
})
input.onButtonPressed(Button.B, function () {
    if (bar_x != 4) {
        led.unplot(bar_x, 4)
        bar_x += 1
        led.plot(bar_x, 4)
    }
    if (ball_x == bar_x && ball_y == 3) {
        ball_direction_y = -1
    }
})
ball_x = 1
ball_y = 0
ball_old_x = 0
ball_old_y = 0
ball_direction_x = 1
ball_direction_y = 1
bar_x = 2
led.plot(bar_x, 4)
basic.forever(function () {
    ball()
    led.plot(ball_x, ball_y)
    led.unplot(ball_old_x, ball_old_y)
    basic.pause(1000)
})

Related Articles

Leave a Comment