Home Gardening 気温が20度前後になったら、早速うどん粉病を患うバラが出てきたので消毒してみた。

気温が20度前後になったら、早速うどん粉病を患うバラが出てきたので消毒してみた。

by あんる

4月になって急に気温が上がってきたら、病気に弱いいくつかのバラでうどん粉病が出てきちゃいました。

やっぱり病気に弱いバラは、ある程度定期的に消毒してあげないとダメですね。

ということで、以前書いた↓に沿って、予防薬:サンボルドー治療薬:ベンレートを散布しました。

殺菌剤 住友化学園芸 GFベンレート水和剤

ダコニールを使いたいところだったのですが、天気予報では気温が25度以上になるとのことだったので、ローテーションの計画通りサンボルドーとベンレートを使用しました。

うどん粉病

うどん粉病は、風で運ばれてきた胞子が新梢で発芽して繁殖します。気温が20度前後、18~25度位の時に多発します。そのため、25度以上になる真夏は一旦収まります。

相性が悪いバラは、ほぼ毎年悩まされることになります。

また、相性以外にも肥料過多、日照不足、風通しが悪い、水の与え過ぎなどによる軟弱化な株でも発生しやすくなります。

まとめ

うどん粉病と相性が悪いバラでも、予防薬と治療薬をローテーションすることで対策可能です。

ただし、サボるとすぐに葉も蕾も真っ白になってしまうので、2週間に1回程度位のペースで消毒をしてあげると良いです。

手間がかかるバラほど、キレイに咲いた時の喜びもひとしおです。

Related Articles

Leave a Comment